2014年上半期(1-6月)活動報告

みなさん、こんにちは!北欧ヒュゲリジャパン代表の瀬川です。いつも北欧ヒュゲリジャパンへのご支援ありがとうございます。

これから半年に1度、当ウェブサイトにて全プロジェクトの「活動報告」および「今後の活動予定」をお知らせいたします。

組織としてまだまだ未熟な点、至らぬ点ばかりではございますが、お気付きの点などございましたらお気軽にお知らせ頂ければ幸いです。

活動報告目次

  1. 北欧ヒュゲリジャパン活動報告(瀬川)
  2. スマイルアイルズ活動報告(宮島)
  3. 北欧ヒュゲリニュース活動報告(遠山)
  4. 北欧留学ネットワーク活動報告(山森)
  5. プロジェクトメンバー募集のお知らせ

1. 北欧ヒュゲリジャパン活動報告

北欧ヒュゲリジャパンにとって2014年上半期で一番大きなニュースは「北欧ヒュゲリジャパンのNPO法人化」でした。

NPO法人設立理由

  • 積極的に情報公開を行うことで社会的信用をさらに高める
  • 活動収支のさらなる明瞭化を進める
  • 契約締結など事業を行う上で法人格が必要であった

2014年下半期は新しいプロジェクトメンバーの募集および各プロジェクトの運営体制を安定させられるよう、各プロジェクトリーダーと協力して活動してまいります。

北欧ヒュゲリジャパン活動沿革
2009年8月
 瀬川が始めた個人事業(スマイルアイルズ)の中で、
 営利・非営利を問わずに様々なプロジェクトを運営
2011年4月
 NPO団体「スマイルアイルズ」(非営利活動のみ)として活動開始
2011年11月
「北欧ヒュゲリニュース」開始
2014年1月
「北欧留学ネットワーク」開始
 NPO法人設立申請準備開始
2014年6月
 大阪市より認証取得
2014年8月
 NPO法人として登記完了 

2. スマイルアイルズ活動報告

1月には「Smileな新年会2014」と「絵本から北欧・デンマークの子どもの暮らしをのぞいてみよう!」を実施しました。絵本イベントではデンマークで司書として活躍されているさわひろあやさんをお迎えし、絵本そのものの紹介だけでなく、絵本からみてとれるデンマーク・北欧の子ども社会、子育て事情、結婚観、家族の関係などについてお話し頂きました。

そして3月には「春のはじまりを感じよう!フィンランドのヒンメリ作りとfikaの会!」を実施しました。春先のイベントとして好評なもの作りイベント。今回はスマイルアイルズメンバーの横山がフィンランドのヒンメリについて紹介しました。

4月には日本テーマの「露天風呂でお花見 in Kyoto」、6月「北欧流 夏の過ごし方」を実施しました。ここ最近、日本テーマのイベントを実施できていなかったので、やはり日本と北欧バランス良くイベントを実施していきたいと再確認しました。

そして6月の夏の過ごし方ではヒュゲリニュースと協力し、参加者定員を設定しない初のオープンイベントに挑戦しました。初めてスマイルアイルズのイベントに参加される方、北欧に興味がない方の参加も多く見られ、新たな対象へのアプローチができました。

今後の活動として9月には「ザリガニパーティ」、10月「北欧キャンドル作り」、11月「お芋掘り&やきいも」、12月ヒュゲリニュース協力のもと「ルシア祭」を予定しています。

※活動の様子(写真)はこちらでご覧いただけます↓
https://www.facebook.com/smileisles/photos_stream?tab=photos_albums

スマイルアイルズ
 http://smile-isles.com/
スマイルアイルズ Facebookページ
 https://www.facebook.com/smileisles

3. 北欧ヒュゲリニュース活動報告

2014年の1月から8月にかけて、北欧ヒュゲリニュースでは124本の記事を更新してきました。そのうち、日本であまり紹介されることのない北欧現地の情報をお届けした記事は42本、日本国内での北欧関連イベントやエンタメ情報は25本、ライター独自の感性で北欧の“イマ”を分析したコラムは33本更新。

更に6店の北欧カフェと9名の北欧にまつわる方々、3品の北欧料理をご紹介してきました。その結果、8ヶ月間で14万名を超える方にご覧いただき、総閲覧ページ数は約28万ページに至ります(Googleアナリティクスのユーザー数、ページビュー数に基づくデータ)。

1月から3月にかけてサイトをリニューアルした北欧ヒュゲリニュース。5月には北欧ヒュゲリニュースが日本のメディアで唯一インタビューを行っていた、スウェーデン王立バレエ団所属の木田真理子さんが、世界的に権威あるブノワ舞踏賞を日本人として初めて受賞されました。そして6月には北欧ヒュゲリニュースとしてはじめてのイベント『北欧流 夏の過ごし方』をスマイルアイルズと共に企画し、成功を収めました。

私たちは、2014年後半も引き続き、北欧の現地情報と国内の北欧関連情報をお届けするメディアとして活動を続けます。既存ライターの北欧留学や新しいライターの迎え入れなど、チームの体制が変化するのに合わせて私たちにできる最適な情報発信を考え、読者の方々とのコミュニケーションをもっと深いものにしていきます。

北欧ヒュゲリニュース
 http://hyggelig-news.com/
北欧ヒュゲリニュース Facebookページ
 https://www.facebook.com/Hyggenews
北欧ヒュゲリニュース Twitter
 https://twitter.com/hyggelignews

4. 北欧留学ネットワーク活動報告

北欧留学ネットワークは、北欧ヒュゲリジャパンを母体とする本年発足した最も新しいプロジェクトになります。1月には「北欧の移民・難民」、2月には「スウェーデンの大学入学選抜方法と各学校の違い」をテーマに、インナー向けに勉強会を開きました。

そこでの学びを経て、4月、5月、7月には「スウェーデンの男女平等概念」を一般公開初の第1回のテーマとし、初級「概要―複数の分野において男女平等概念が見てとれる」、中級「男女平等社会を支える諸制度」、上級「育児休暇―父親の育児参加を目指す各主体の取り組み」と題し、1カ月ごとに段階を踏んで講義およびディスカッションの質を高めていきました。参加者層も幅広く、下は19歳から上は65歳、男性も女性も参加してくださり、様々なバッググラウンドに裏打ちされた活発な議論が行われました。

3ヶ月連続で開催される勉強会の第2回のテーマは「スウェーデンの移民政策」に決定し、次回の第4回の勉強会は10月26日(日)に開催予定です。当日は、初級「スウェーデンはなぜ移民を受け入れたのか?―スウェーデン史を見ながら―」と題して講義を行い、現在労働力不足から声高に叫ばれている「日本は移民を受け入れるべきか」をディスカッションのテーマに、議論を深めていきます。

北欧留学ネットワーク
 http://nordic-study-abroad.net/
北欧留学ネットワーク Facebookグループ
 https://www.facebook.com/groups/nsa.net/

5. プロジェクトメンバー募集のお知らせ

北欧ヒュゲリジャパンでは現在、プロジェクトメンバーとして活動をご希望される方を募集しております。

プロジェクトメンバーとして活動するにあたって、「必ず達成しなければいけないノルマ」といったものはありません(活動はメンバー全員が無償のパートタイムで行っています)。

どれだけ活動するか。どうやって活動するか。そもそも何をするか。リーダーと相談しながら、自分自身で役割を決めて、チャレンジしてみる。その中で「あなたらしさ」を存分に発揮してください!

ご興味がある方はこちらから↓
http://hyggelig-japan.com/project-member/

それでは今後ともご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人
北欧ヒュゲリジャパンスタッフ一同